日本プロオーケストラファンクラブ協議会(JOFC)とは?

札響くらぶ・SPC・山響FC合同交流会
 2005年(平成17年)8月27日、山形で開催された札響くらぶ、仙台フィルハーモニークラブ(SPC)、山響ファンクラブの合同交流会において、全国のオーケストラのファンクラブ同士緩やかに連携できる全国組織をつくれないか、との札響くらぶからの提案に、これを山形宣言として採択し、設立に向けての事務を札響くらぶに託しました。
 2006年(平成18年)11月11日、札幌において札響くらぶ、SPC、山響ファンクラブ、群響を応援する県民の会、広響フレンズの五つのファンクラブが参加して日本プロオーケストラファンクラブ協議会(略称を「JOFC」という。)を設立し、会則などを議決、会長に札響くらぶ上田会長、副会長にSPC工藤会長、山響ファンクラブ加藤会長、幹事に札響くらぶ西川副会長(幹事長に氏名)、群響を応援する県民の会小野会長、広響フレンズ谷代表、事務局長に札響くらぶ武藤事務局長がそれぞれ就任しました。
 2007年(平成19年)9月29日の仙台総会で名フィル・ファンクラブが、翌年11月23日の山形総会で石川県立音楽堂楽友会が参加し、加盟7団体となる。
 2014年(平成26年)11月23日の山形総会において、顧問を設置する規定を会則に追加して、SPC工藤顧問、山響ファンクラブ加藤顧問が就任した。
 2017年(平成29年)11月18日の金沢総会において、九響倶楽部が加入し8団体となり、また、会員に関する規定にオブザーバーを会則に追加して、これまでも総会に参加してきた都響倶楽部、NPO法人オーケストラ創造(熊本)を認証し、会員、オブザーバー合わせて10団体となる。
 総会は、毎年1回、会員が持ち回りで主催して開催することとし、各クラブの活動報告や協議会の活動計画の協議などを行うことにしました。
 また、総会開催に合わせて開催地のオーケストラの演奏を参加者で聴くことを楽しみにしています。
 (「JOFCの歩み」を参照ください。)。

※お知らせ(2019.9.22)
昨年9月22日に開催されたJOFC札幌総会において募金された北海道胆振東部地震義援金の使途について、札幌交響楽団から報告を受け、それに伴い概要を「総会情報→札響くらぶ→第12回総会→総会資料→胆振東部地震義援金」に掲載しました。