札響くらぶからのお知らせ

 札響くらぶのTopics

 札響くらぶとは?


 札幌コンサートホール完成を1年後に控えた1995年7月ころ、定期演奏会の入場者数が伸び悩んでいた札響は、新ホールでの定期演奏会を何とか満席にしたいと植村敏札響副理事長は古くからの札響ファンである山科俊郎北大教授や上田文雄弁護士、川村喜芳北海道町村会常務理事ら6人ほどに「札響の応援団をつくりたい」と呼掛け、それから1年余りの協議を重ね、1996年8月20日、札幌市教育文化会館において約30名が参加して設立総会が開催され、「札響くらぶ」が設立されました。
 「札響くらぶ」は、札幌交響楽団の演奏を楽しみ、その活動を支援するとともに、会員相互の交流を図り、併せて音楽文化の普及、発展、向上に寄与することを目的とする札幌交響楽団公認の唯一のファンクラブです。

 キタラでの定期演奏会や名曲シリーズでは、会員とのコミュニケーションを図るため、階段近くにサービスカウンターを設置し、会報のバックナンバーやパンフレットの配布、年会費や楽譜支援金の照会や受付、各種イベントの案内と参加受付などを行っています。
 イベントや事業については、
   交流会の開催
   クリスマスパーティーの開催
   練習見学会&ゲネプロ見学会の開催
   札響東京公演鑑賞ツアーの企画・催行
   JOFC総会の主催、参加ツアーの企画・催行
   札響くらぶサロンの開催
   札響くらぶコンサートの開催
   会報「札響くらぶ」の発行
   ホームページ、メーリングリスト、ドメインの管理、運営
   楽譜支援
   札幌市内中学校吹奏楽部札響定期演奏会招待
   会員、札響楽員が出演あるいは係る演奏会のPRや支援
   定期会員や維持会員の拡大等などの支援
などを行っています。
 また、ご入会、お問い合わせについては、定期演奏会や名曲シリーズ会場のサービスカウンターでの入会案内パンフレットの配布、メール、ホームページ、郵便、ファックスで常時受け付けております。


Kitara大ホールホワイエの札響くらぶサービスカウンター

 コンサート情報
 札響社会貢献活動情報